お宿 le français

フレンチのシェフが本場フランスから、ゲストでやってきました!

泡盛を勧めて一緒に飲んでいるときに出した、庭のシークァーサーにめちゃくちゃいいリアクション!
image-11
特にリーフの香りに感動したそうです。

「魚と合いそうだから、明日これで魚料理を作ってあげるよ!」

うぇ〜〜〜い!!!
大喜びの僕とサンディ。

翌日。
手際よく料理する彼は、次々とシークァーサーを使った料理を作っていきます。
image-14
image-12
image-15
今からこいつをオーブンで焼くよ!

あっとゆう間に4品が完成!!
僕らもフーチャンプルーを作ってシェアすることに。
(ゴーヤーを食べさせたかったけど時期的に見つけられず。。)
image-16
image-17
いただきまーす!

お刺身には、シークァーサーの皮をみじん切りにしたものと塩が載っていて、醤油は使わないスタイル。
めっちゃうまい!
柑橘のいい香りです。
特にサバのグリルは、リーフにお香りがほんのり鼻を抜けて最高に美味しかった〜

友達のイタリア人シェフもそうだったけど、基本塩コショウだけで、バリエーション豊かに素材の味を引き出すんですよね。

思いがけずにお宿で創作フレンチを戴きました!
ごちそうさま出した!